私達の身体におこる様々な不調の原因は「筋硬結」にあります。

私達の身体は全身が筋肉で覆われています。その筋肉が正常な場合、血液が滞りなく流れ、酸素が隅々まで不足なく供給されます。また、筋肉は①収縮(縮む)②弛緩(緩む)③伸張(伸びる)といった運動をすることが可能ですが、これらの運動をした場合も突っ張りや痛みが発生することはありません。

しかし、加齢不良姿勢の常態化ストレスによる強張りなどによる硬化継続的な負荷や疲労、さらにはスポーツや重労働による過負荷や外傷により筋に「コリ」が発生します。このコリを筋硬結といいます。

これは筋硬結のイメージ図です。筋硬結はシコリとして存在し、押すと鈍痛(どんつう)が生じます。また、筋硬結を含む筋肉は全体が短縮(縮む)し、むくみ(浮腫)があるのが特徴です。筋硬結を含む筋が多くなると、関節の動きが硬く制限され、身体が硬くなります。

筋肉は一般的に「身体を動かす際に必要な組織」と認識されています。ですが、筋肉の機能はそれだけにとどまりません。筋肉はその中や周辺を通る血管を圧迫したり、ゆるめたりすることで心臓のような「ポンプ作用」を起こし、全身の血液の循環を正常に保つという重要な機能を有しています。血液の循環にとって、この筋肉の「ポンプ作用」は非常に重要です。筋肉内に筋硬結が発生すると、この「ポンプ作用」がうまく機能しなくなり、結果、神経の酸素不足が発生します。

神経には、①運動神経、②感覚神経、③自律神経があります。①感覚神経が酸素不足になると,痛みやシビレなどの「異常感覚」が生じます。②運動神経が酸素不足になると、コリや治癒力の低下、筋力の低下、関節の硬化が生じます。そして、③自律神経が酸素不足になると、血管や胃腸などの内臓筋(内臓を動かす筋肉)が収縮して血流が滞り、それにより手足の「冷え」を感じたり、お腹の痛みや張り、さらには自律神経失調症の諸症状にみられる「異常感覚」の原因となります。

さらに、これら神経障害は硬い筋(筋硬結)の原因となり、それが血流低下を引き起こし、神経への酸素不足の原因となり、さらに神経障害が発生、新たに筋硬結が生じ、さらなる神経障害が生じるといった具合の負の連鎖を引き起こします。

当院では、この筋硬結(特に深層筋と呼ばれる体内の深部における)を解消することでこれらの症状を解消することを治療の目的としています。当院の振動療法により症状の緩和・解消が期待できる具体的な症状は以下のとおりです。

当院振動療法で症状の解消・緩和が期待できる具体的な症状

整形外科領域

顎関節症、首痛、首コリ、肩痛(四十肩や五十肩)、肩コリ、背部痛、肘痛(テニス肘やゴルフ肘など)、手・指痛(手根管症候群)、腰痛(ギックリ腰、椎間板ヘルニア)、脊柱管狭窄症、殿部痛、股関節痛、坐骨神経痛、膝痛、可動制限(例えば、腕が上がらない、膝が真っ直ぐ伸びない)、側彎、手首の腱鞘炎、手指のシビレ、関節のこわばり、突き指、バネ指、繰り返す足首の捻挫、骨折癒合後の不調・痛み、打ち身(打撲)など

婦人科領域

生理痛、生理不順など。

胃腸器科領域

胃腸の不調、便秘、慢性下痢、膨満感、胃のむかつき、逆流性食道炎など。

循環器科領域

冷え性、むくみ、不整脈、原因不明の高血圧など。

呼吸器科領域

喘息、息苦しさなど。

泌尿器科領域

頻尿、尿漏れ、夜尿症、尿閉気味、膀胱炎など。

眼科領域

眼精疲労、仮性近視など。

耳鼻咽喉科領域

耳鳴り、気圧の変化による耳の奥の痛み、慢性鼻炎、喉に何かがつまっている異常感覚、飲食物をむせる、メニエル症状、筋性めまいなど。

皮膚科領域

皮膚の荒れ(肌荒れ)、踵の皮膚がかさかさになって割れる(皮膚の角質化)、脱毛、虫喰われ・やけど・湿疹などが長期間治りにくい、皮膚の黒ずみ、帯状疱疹治療後に残るピリピリ感など。

肛門科領域

痔疾など。

神経科領域

頭痛、顔面痛、自律神経失調症など。

その他

線維筋痛症、筋筋膜疼痛症、VDT症候群など。

以上の諸症状は,神経障害の部位や程度により、単独で現われる場合複数で現われる場合があります。一般に、若年者であれば、単独な症状が現われることが多く、30歳代以降では複数の症状が同時に現れることが多いです。

神経の酸素不足が頻発する場所「背骨(脊柱)」

私たちの身体には,先に挙げた諸症状を引き起こす「神経の酸素不足」が頻発する場所があります.その代表格が首から腰仙部までの背骨(脊柱)になります。脊柱をつくっている25個余りの椎骨の間には,神経の束が通る狭い穴、椎間孔(ついかんこう)があります。

この椎間孔を通る神経の部分は「神経根」と呼ばれており、ここには感覚神経、運動神経、自律神経、これらすべての神経が含まれています。(余談ですが、この神経根が当院「ナーブルーツ治療院」の名前の由来になります。)したがって、この神経根の酸素不足はあらゆる神経異常の原因となります。

また、この神経根は構造的に弱いため、神経根の障害が容易に起こります。例えば、交通事故などによる「むち打ち症」、階段から滑り落ちたときなどに生じる「腰の捻挫」、スポーツ時などの背部(背骨)の「打撲」は神経根の障害を引き起こします。また、腕や脚の骨折や関節の傷害、さらには胃腸や肝臓などの内臓の不調・疾などは背中の筋を硬化させることで神経根の動きを阻害し、それにより血流が悪化、酸素不足の原因となります。
   
四肢にも神経が酸素不足になりやすい部位がありますが、動かす機会の多い四肢(手足)は、動かす機会が少ない背骨(脊柱)と比べると酸素不足をおこすことはほとんどありません。よって、慢性痛などの神経症状が現れたら、まずは神経根の酸素不足を疑うべきだといえるでしょう。(デスクワークや車の運転をされている方など、脊柱の運動が極端に少ない生活を強いられている方は、特にこうしたことがいえるでしょう。)よって、当院での施術は通常、脊柱の左右の背骨ぎわにある筋肉を中心に行います。

さらには、脊柱周辺筋の中でも身体の奥深いところにある筋硬結を取り除いていくことが最も大切です。奥深くに存在する筋硬結を取り除くには、「深層筋(ディープ・マッスル)」をゆるめる必要があります。この「深層筋」がゆるまないと、いつまで経っても神経障害による諸症状の改善を期待することはできません。

皮膚に近いところにある「表層筋」を原因とする症状は、表層筋にある筋硬結を解消することで改善します。ですが、その表層筋にある筋硬結の原因が「深層筋のこわばり」にある場合、原因となっている深層筋がゆるまないと、症状の再発は必ず起こります。

そして、神経障害を引き起こす筋硬結は、身体の深部の筋肉である深層筋に存在していることがほとんどです。そうした筋硬結は、一般的な手技でダイレクトにアプローチをすることが難しいです。

振動を与えることで、深層筋に存在する筋硬結を取り除く

そこで、当治療院では治療用に開発された特殊なバイブレーター、マイオバイブを用いた振動治療を行っております。施術にマイオバイブを使うことで、これまでの手技(徒手)療法で消えなかった硬い筋硬結の解消が実現可能となります。この筋硬結が神経への血流を阻害していた場合、根本原因がなくなれば、必然的に症状も消え去ることになります。 (当院のマイオバイブはストロークが15センチと十分な長さがあるため、深層筋奥深くの筋硬結にアプローチすることが可能です!)