LINE@アカウントを開設いたしました。登録をご希望の方は、以下の友だちボタンよりご登録ください。

友だち追加

こんな症状にお悩みではないですか?

  • ぎっくり腰
  • 五十肩
  • 自律神経失調症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 顎関節症
  • 主根管症候群
  • 脊柱管狭窄症
  • 腱鞘炎
  • 過敏性腸症候群
  • その他慢性的な痛みや腫れ

これらの症状は 「抹消神経障害」 に由来すると言われています。
そして、抹消神経障害の 9割以上が背骨周辺の筋肉の硬化 によって起こります。

背骨周辺の筋肉の硬化が慢性症状を引き起こす

抹消神経のほとんどは 「背骨」 の中を通る「脊髄」 から全身に分布 しています。

そして、その背骨の周辺には

  • 多裂筋(たれつきん)
  • 最長筋(さいちょうきん)
  • 腸肋筋(ちょうろくきん)

と呼ばれる筋肉が位置しています。

冒頭でお伝えした症状の原因である抹消神経障害は、実は この3つの筋肉の「硬化」 によってひき起こされます。


以下は3つの筋肉の硬化によって神経障害が生じる工程になります。

  1. 多裂筋・最長筋・腸肋筋 が生活習慣や加齢によって 「硬化」
  2. 硬化により 「血流が悪化」
  3. 血流悪化により末梢神経 「酸素が不足」
  4. 酸素不足により末梢神経にて 「神経障害」 が発生

慢性症状を改善するには、 この3つの筋肉の硬化を解消する必要 があります。

しかしながら、 この「硬化」を改善するのはそんなに簡単なことではありません。
なぜなら、慢性症状が発症している 多裂筋・最長筋・腸肋筋 には、ほぼ間違いなく 筋硬結(きんこうけつ) が形成されているからです。

筋硬結とは?

筋硬結とは、

炎症で損傷した箇所の治癒が不完全のまま停止 してしまったが故に 「硬く短縮したままの状態になっている筋繊維」

のことをいいます。

実は、現代人のほとんどが 多裂筋・最長筋・腸肋筋 に筋硬結を形成させています。

この筋硬結は、 まるで石のように非常に硬く、 長年に渡ってその状態を継続させてしまっているため、 元の状態に戻すことが非常に難しい のです。

これがなかなか治らない慢性症状の根本原因である筋硬結の特徴です。

この筋硬結が 末梢神経への酸素供給を阻害、神経障害を発生させ 「慢性症状」を発症させている のです。

筋硬結による慢性症状例

ここからは、当院に通院されていた患者様の慢性症状と、その原因となっていた筋硬結の様子を具体的にご紹介させていただきます。
最初にご紹介するのは、事務職をされている48歳男性のケースです。

48歳男性(事務職)の場合

主訴:ジャンプ着地時の膝の痛み、腰痛、首・肩こり

この方は、 勤務時間中はほぼデスクに座ったまま、パソコン作業をすること を日課とし、週末は 趣味のバレーボールに汗を流す という生活をされていらっしゃる方です。

バレーボールの練習は学生時代から継続して行なわれていらっしゃいましたが、 年を重ねるごとにジャンプの着地時に膝に負担を感じる ようになり、ある時期から、 痛みが生じるように なりました。

そして、ある時 ジャンプをした際、膝に激痛が走り 、それ後、 歩く際に地面に足をつけただけで膝に痛みが生じるようになり 当院に来院されました。

その時点での主訴は 「膝の痛み」 でしたが、問診の結果、 慢性的な肩こり首こり、腰痛 を抱えていらっしゃることが判明しました。

41歳女性(美容師)

主訴:腰痛、首・肩コリ

次にご紹介するのは、 41歳の美容師の方 のケースです。

この方は、マネージャー職に付かれている美容師さんで、日々様々な店舗に出向いて仕事をされている方です。
慢性的だったひどい腰痛を何とかしたい という理由から来院されました。

このこの方の生活習慣として注目すべきところは 膝を曲げた前傾姿勢で上半身を捻った状態で指先を使う という美容師さん特有の姿勢を長期にわたり取り続けてきたということです。

この姿勢からの影響がそのまま多裂筋に生じておりました。

11歳男性(小学6年生)

主訴:走る際の脚の痛み

最後にご紹介するのは、 プロになることを夢見るサッカー少年 のケースです。

この方は小さい頃からサッカー選手になるのが夢で、
小学校低学年の頃から、授業が終わると毎日のようにサッカーの練習をしていました。

しかし、 6年生になってから走る際に脚に痛みが生じるように なりました。
最初の頃は、一過性のものだと思い、お母さんもあまり気にされていなかったようなのです。

てすが、 痛みは治まるどころか段々と悪化の一途をたどり、ついには痛くて走れない状態になってしまい 、来院されました。

来院された際は、 走ることはおろか、びっこを引きながら歩くこともままならないほどの状態 でした。

その際の検診結果は以下のとおりでした。

筋硬結チェック方法

あなたにも、筋硬結は形成されています。
※もちろん、筋肉の状態には個人差があるので、ここで断言することはできません。ですが、現代人のほぼ全員が多裂筋・最長筋・腸肋のいずれかに筋硬結を有しています。

大体、 5~6歳から筋硬結が形成され始める といわれています。そして、場合によっては上述の小学生の患者様のように かなりの早期から症状が発症することもある のです。

最も確認がしやすく、かつ筋硬結が形成されやすい 胸椎から頚椎にかけての「筋硬結のチェック方法」 をご紹介しましょう。

◆筋硬結チェック方法(胸椎~頚椎)
天井を見上げてみましょう。
このとき胸椎(胸)から頚椎(首)にかけて 強張り・突っかかり、動かしにくいなどの違和感 を生じさせているのが「筋硬結」です。

冒頭でもお伝えしたとおり、筋硬結は非常に硬く、元の状態に戻すのが大変難しいです。
指圧マッサージなどで解すことができるものではありません。

この筋硬結の治療を目標に長年の研究を経て開発されたのが、当院でご提供している 「振動療法」 になります。

振動療法による慢性症状の改善工程

ここからは、振動療法がどのように筋硬結を治療していくのか、治療理論をお伝えさせていただきます。

振動療法では 「治療用バイブ」 と呼ばれる特殊な治療器具を使用し、筋硬結に「圧」と 「特定の波長と振動数の振動」 を加える治療になります。

これにより、 筋硬結が生じている筋繊維のみにアプローチをし、 ピンポイントで 「炎症反応」 を起こします。

お伝えしたように筋硬結は 「炎症」による損傷箇所の治癒が不完全のまま停止 したことにより形成されます。
よって、

筋硬結化した筋繊維に再度「炎症」を起こし、治癒プロセスを「1から」やり直す

必要があるのです。これが、振動療法の治療理論になります。

「炎症反応を起こす」などといわれると、恐怖を覚える方もいらっしゃるでしょう。
それは、「炎症」という言葉が、ケガをはじめとする「外傷」や「流血」をイメージさせるからだと思います。

ですが、そうした心配は必要ありませんので、どうかご安心ください。

以下の写真は振動療法後、脊柱の際部分に生じる炎症反応の様子になります。

実は、こうして表面に形跡が現れないものの、体内では日常的に炎症が発生しているのです。
その中でも継続的/断続的に続く炎症を「慢性炎症」といいます。

この慢性炎症が筋硬結の直接原因となるのです。

筋硬結形成の原因となる「慢性炎症」発生の主な要因は以下のとおりです。

  • 加齢
  • 長時間の一定姿勢
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食
  • 不規則な生活

これらの要素で生じる慢性炎症は、 長期に渡って「ジリジリ」と 筋肉を痛めます。

人間の身体の治癒プロセスは「炎症の発生直後」より開始します。
ですので「慢性炎症」の場合、治癒プロセスの開始後も継続して「刺激」が続くことになります

これが治癒を邪魔することになり、 治癒が不完全な状態で終了し、結果「筋硬結」が形成されるのです。

一方、振動療法は、こうして生じた筋硬結に 「急性炎症」 を発生させます。
振動治療で起こす炎症は 「一時的なもの」 になりますので、 その後の治癒プロセスは何に邪魔されることもなく正しく進行していくことに なります。

結果、 筋硬結が生じた筋繊維は元の正常な状態へと回復すること になります。

これが振動療法の治療理論になります。

振動療法による慢性症状の改善工程は以下のとおりです。

  1. 筋硬結が生じている筋繊維を切断
  2. 切断された筋繊維にて 「炎症反応」 が発生
  3. 炎症反応により 「血流悪化」が改善
  4. 血行改善により 「酸素不足」が改善
  5. 酸素供給により 正しい「治癒プロセス」が開始
  6. 正常な治癒プロセスを経て健常な筋繊維が再生、 「筋硬結が改善・解消」
  7. 筋硬結の改善・解消により 「慢性痛の消失」

多裂筋・最長筋・腸肋筋 など、身体の深部にある筋肉に筋硬結がある場合、 その表面を覆う筋肉にも筋硬結や硬化が生じているのが一般的 です。

よって、まずはこれらの筋肉に生成されている筋硬結を解消する必要があります。

振動療法を継続的に行なうことで1~6の工程が繰り返され、表面~中層に位置する筋肉の筋硬結が解消されます。

こうして少しずつ掘り下げていきながら、最終的に 多裂筋・最長筋・腸肋筋 に生じている筋硬結を解消していきます。

このような工程を経て、多くの患者様が 他の治療院では解決できなかったような頑固な慢性症状を改善 されました。

当院で筋硬結を治療しませんか?

当院は、この 多裂筋・最長筋・腸肋筋 に生成された筋硬結の解消を専門とする治療院です。
当院の振動療法であれば、筋硬結へしっかりとアプローチをすることが可能です。

なかなか取れない頑固な慢性症状は 多裂筋・最長筋・腸肋筋 に生成された筋硬結が原因かもしれません。
お悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

ラインアカウントをお持ちの方は、以下のボタンから当院(ナーブルーツ治療院)アカウントを「友だち追加」していただくことができます。
お気軽にご相談ください。

友だち追加

今すぐ予約をされたい方は、 予約カレンダーページをご覧ください。
(現状での空き枠の確認、および予約が可能です。)